光回線でのプロバイダー最安は?【人気ランキング】

 

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

一体何を目安に選ぶ?【光のプロバイダー最安値の考察】

光回線でのプロバイダー最安を探す時も、通信速度に注意が必要です。

 

まず1Gbpsの場合、パソコンのLANが対応しているか確認する必要があります。いくら1Gbpsで契約しても、パソコンが100Mbpsまでしか対応していないと、最大でも100Mbpsしか出ませんので、意味がなくなってしまいます。

 

画像

 

また、1台でしか使用しない場合は、LANケーブルもほとんどの場合、貸与されますので、パソコンさえ対応していれば問題ありませんが、2台以上で使用する場合、LANケーブルも1G対応の物を用意する必要があります。その辺りを確認・検討してから選ぶと良いでしょう。また、戸建タイプとマンションタイプでも、月額料金が違いますので、注意が必要です。

 

まず、戸建タイプで100Mbpsを見てみると、BB.exciteが5,250円でプロバイダー最安となっています。

 

IP電話も使用できますし、月額315円プラスすると、インターネットだけでなく、パソコンで困った時の電話サポートも、受けられるようになりますし、遠隔操作で対処してもらうことも可能になっています。戸建タイプで1Gbpsでは、So-netとASAHIネット、@nifty、BIGLOBE、DTIが5,460円と同額で安くなっています。もちろん、サービス内容は、各社それぞれ違っていますので、実際に見てみると良いでしょう。

 

マンションタイプの場合は、1Gbpsの契約がまだありません。

 

100Mbpsで見てみると、BB.exciteとQitが3,938円でプロバイダー最安となっています。BB.exciteは、戸建タイプとサービス内容は同じで、IP電話が利用できるということと、月額315円でパソコンのサポートも受けられるようになる、というメリットがあります。

 

Qitは、メールアドレスが1つ無料で貸与されますし、モデムレンタル料も無料となっています。また、BB.exciteと同様に、IP電話も無料で利用できるようになっています。

 

このように、比較してきましたが、上記はキャンペーンなどを全く適用しない、通常の料金となっています。

 

実際には、ほとんどのISP自体がキャンペーンを行っていたり、他のサイト経由で申し込むと、安くなるようなキャンペーンを行っていますし、ほぼ一年中、そのようなキャンペーンがありますので、上記よりも実質的には安くなることが多くなっています。ISPと契約する場合などは、その都度、キャンペーンの内容なども確認して、比較すると良いでしょう。

 

画像

↑↑★今すぐクリック★↑↑

光回線のプロバイダー最安値は?安いを比較【おすすめランキング】関連ページ

無料プロバイダーどう?
無料のプロバイダーってどうなの?メリットやデメリットは?インターネット料金をなるべく安くしたい人必見!無料以外の選択肢とは?
ISDNでの最安は?
ISDNでの最安はどこなの?こちらでは無料も含めて一番安くてお得なインターネットプロバイダーを探しております!詳しくは本文で…
ADSLプロバイダー最安は?
ADSLプロバイダー最安とはどこでしょう?キャンペーンや特典を徹底的に使って月額料金安くしたい人必見!最安値は?
モバイルでの最安はどこ?
モバイルインターネットでのプロバイダ最安が知りたい人必見!人気&おすすめランキングを掲載中です。納得できるプロバイダの選び方とは?

このページの先頭へ戻る