プロバイダーの解約

 

プロバイダー最安のところに変更しようと思ったら、
現在利用しているプロバイダーを、解約する必要があります。

 

解約なんて電話とかホームページから簡単にできる、と思っている方もいますが、

 

プロバイダーの立場からすると、

 

『毎月収益を上げてくれるお客様を、
簡単に離したくはない』

 

・・・・・というのも当然なので、

 

意外と難しかったり、ホームページのどこから、解約手続きをすれば良いか分かりにくいということもあります。

 

そこで、各回線の最安のプロバイダーの解約手続きについて、いくつか記載します。

 

まず。ADSL12Mbpsで最安のTiKiTiKiですが、前提条件として、月の途中での解約はできません。解約する場合は、手続きをいつしても必ず月末に解約されるようになります。他のISPに変更する場合は、その点を頭に入れておきましょう。

 

画像

 

解約方法は、ホームページの「各種手続・確認」から、「解約手続」を選択して手続きを取るか、サポートセンターに連絡するようになります。ADSL50Mbpsで最安の@niftyは、解約手続きも難しくなく、最速で即日解約もできますし、自分の希望の日に解約できますので便利ですが、解約完了通知が届くまでに時間がかかるので、解約完了の確認に時間がかかることが難点です。ホームページからの手続きは、「各種変更手続き」を選択し、会員サポートにログインしてから行うか、インフォメーションセンターに連絡して、手続きを行うかになります。

 

光回線の戸建タイプで100MbpsのBB.exciteは、TiKiTiKiと同様に、月の途中での解約はできず、いつ手続きをしても必ず月末に解約されるようになります。

 

また、フレッツ回線は、自分で別に解約手続きを行うようになります。電話での解約は受け付けておらず、エキサイトIDセンターの「支払い方法の変更・サービスの解約」からのみ、手続きが行えるようになっています。

 

光回線のマンションタイプで100MbpsのQitも、電話での解約手続きは受け付けておらず、解約手続書に必要事項を記入して、返送するようになっています。手続きの詳細な手順は、Qitのホームページ下段の方に、「解約をご検討の方」を選択すると見られるようになっています。こちらも月の途中での解約はできず、月末での解約となります。また、解約予定の月の20日までに、解約手続書を郵送する必要があります。

 

このように、解約に関しては、各社とも時期や手続方法が異なっていますので、他のISPへの乗り換えを検討する場合は、

 

まず、現在のISPの解約手続きの方法や、いつ解約できるのかを確認した上で、新しいISPを選ぶようにしましょう。

 

 

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

プロバイダーの解約方法は?月の途中でできる?【最安に変更する為に】関連ページ

iPadとプロバイダー
iPadでのプロバイダー、どうすればいいの?という人はこちら!高速モバイル通信での最安ってどこ?プロバイダの必要性はモデルにもよる?詳しくはこちら・・・。

このページの先頭へ戻る